HOME  > Black Line  > 宮澤先生インタビュー

NANAMIYAZAWA BLACK LINE発売!!

料理研究家 宮澤 奈々先生×七代目弥左ェ門 松本 哲

本日はお招きいただき有難うございます。宮澤さんとお会いするのは昨年のテーブルウェアフェスティバル以来ですね。今年は残念ながらお会いできなかったので、1年半ぶりです。

そうなりますね。でもいつもお電話でお話しているので、そんな気がしません。(笑)

いつも的確なアドバイスを戴き感謝しています。
宮澤さんはお料理を教え始めて何年ですか?

12年になります。

NANA MIYAZAWA Black Line

主宰はじめたきっかけは?。。。ご友人に教え始めた きっかけは?

単純に人と会うのが好きでいつも人を招いてお食事を出してたんですね。そしたら自然に作り方教えてとか言われて、そして本格的に教えてとかなってきて・・

自然にお料理を教えることに?

そうなんです。自然に(笑)その頃はホームページとかインターネットとか全くなくって本当に口コミていう感じで…

各地で開かれるイベントやお料理講座は宮澤さんが担当される時ははいつも満員で予約がとれないとお聞きしました。

そんなことないです(笑)でもいつも沢山の方に来ていただいて嬉しいです。

普段どんな基準で器を選んでますか?

モダンなものが好きです。
昔はアンティークなものを集めていたのですがインテリアがだんだんモダンになってきたのでそれにあわせるように買うものも変わってきました。

たしかに住宅もマンションもどんどんモダンになってきてますよね。
そんな中で古伊万里がきても違和感というかちょっと違うかな・・と

あまり昔はこういうもの売ってなかったんです。黒とか銀とかのモダンな焼物を見かけるようになったのは最近ですよね。初めて松本さんおの器を知ったのは2年前のテーブルウェアフェスティバルでした。

そうでしたね。液だれしない醤油差しが雑誌に紹介されてびっくりするほど売れた時です(笑)
料理を考える時などなにか参考にされるのですか?

色々なところに習いに行ったり食べに行ったりします。

宮澤さんも習いに行ったりするのですか?

ええ 行きますよ。習いに行くことが好きなので。
気になるお店があればなるべく行くようにしています。

研究熱心ですね。どこかお勧めの店とかはありますか?

お勧めですか?今一番気になっているのは青山にあるフリックというイタリアンのお店です。
本格的なしっかりしたお店ですが、創作的な工夫もあって、例えば食材に京野菜を使ったり…

へ〜興味深いですね。

あと和食ではパークハイアットの中にある 梢(こずえ)さんが好きで月に1度は行っています。

ご主人、毎日こんなおいしい料理食べられてうらやましいですね。
やはりお料理関係の仕事されているのですか?

いえ料理とは関係ありません。
いつも私が感想聞くものだから、たまには静かに食べさせてくれとか言われます。(笑)

料理以外の趣味は?

特に無いんです(笑)でも色々なお店を見てまわるのは好きですね。
インテリアショップとかも好きでよく行きます。で、いい感じのショップ行くと松本さんの器も置いてある(笑)
どこに行ってもお料理と関連付けて見てしまう習慣がついてしまってますね。

最近、はまっているのが洋食器で京都のグラススタジオ・ジャパンさんのガラス食器です。
特注品のガラス食器をギリシャから送ってくれる。器の形状や柄も何百種類もありそれを組み合わせて全部オーダーで作ってくれるんです。

何百種類ですか?それはすごいですね!
うちにも何度か特注の器をご注文いただきましたよね?

千段小鉢のプラチナ仕上げや、角皿に錆釉掻落金とかですね。
お料理をしているとどうしてもこんな器が欲しいという欲求がでてきて、無いなら作ってもらおうと(笑)

お肉、おかわりいいですか?

どうぞどうぞおいくついりますか?沢山ありますよ(笑)

もともとこのBLACKLINEはエコポーセリンというプロジェクトで一緒に仕事をする事になった、epiceと言う若手デザイン集団の方がフォルムのデザインされました。
色は白磁や錆千段などありますが、この黒呉須千段の色はLABのオリジナルです。

あとつるつる加工?になってからさらに使いやすくなりました。

フラッキスですね。

最初に買った子たちが“え〜”って(笑)つるつる加工も窯によって多少違うようですね。
毎回買うたびに少しづつ表情が違う。

その辺は…いまだ研究の段階で

なるほど研究所だから(笑)

Japone  & Petite japone

掻落の模様とかも職人の手作業なものでその辺はちょっと大目に見てもらえればと今欲しい器とかありますか?こんなのがあったらいいとか。

色々あるんですよ。食べやすくてモダンな黒いレンゲとか取っ手が熱くならないおしゃれな土瓶蒸しとか(笑)…以前に松本さんのノートにスケッチ描いてお渡しましたよね?こんなの作ってくださいって。

そうでしたね、ただ土瓶蒸しとかは直接火にかける物ですよね?
磁器だと技術的に難しい事もあり、いまだ研究中です。(笑)
ご提案いただいた黒いレンゲは只今製作中ですので近いうちにお見せできると思います。

楽しみですね。


はい、頑張ります。これからも皆さんの意見を参考にしてよりよい商品を開発していきますので色々とご指摘ください。今日は本当にご馳走になりました。お料理美味しかったです。
九州に来られた際は是非当窯にもお寄りください。色々とご案内いたします。

BLACKLINEご購入はこちら!
pagetop


SHOPPING GUIDE