» 仕事の風景のブログ記事

今日は韓国の両行業者の方々が工場見学にいらっしゃいました。

佐賀県観光連盟主催のこの事業。
韓国からのインバウンドを狙ったものです。

日本語がお上手な方も多く、案内役の工場長もつい有田弁でご説明(笑)

アリタポーセリンラボ工場見学

皆さん真剣に聞いてくださっていました。

P1550477

写真や動画を撮ってくださる方も多くて・・・。

P1550479

アリタポーセリンラボに興味を持って下さったら、いや、有田に興味を持ってくださったのであれば幸いです。

P1550481

通訳兼案内役の佐賀県観光連盟のかわいいスタッフには感謝です。

この後、旗艦店もご見学いただきました。
カフェも併設しているので、食事は何人まで可能かとか具体的なご質問もありました。

たくさんの韓国の方がお越しいただければ嬉しいですね。
韓国からの先人陶工がいたからこその有田です。
先人陶工たちも喜んでくださると思います。

陶器市の準備が有田ではどこも始まっているようですね。

アリタポーセリンラボでも現在、絶賛準備中!
一部会員の方には近日中にお知らせが届くと思います。

今日は工場の様子をご紹介します。

ロゴを貼っています。

APL ロゴ貼作業

APL ロゴ貼作業

これは銅板転写という転写です。
スタンダードシリーズの裏にあるロゴはこうしてつけています。
(一部上絵転写のものもございます。)

ロゴが印刷してある小さな和紙を濡らした素焼きの高台に乗せます。

APL ロゴ貼り作業

APL ロゴ貼り作業


そして水をたっぷり含ませた刷毛で押さえます。

APL ロゴ貼 出来上がり

APL ロゴ貼 出来上がり

和紙をはがして出来あがりです。

ロゴの部分だけ釉薬をかけない場合はケミストップという薬品を塗ります。

ケミストップ塗りはじめ

ケミストップ塗りはじめ

ろくろで回しながらくるくると器用に塗っていきます。

ケミストップ塗り終わり

ケミストップ塗り終わり

綺麗な青ですが、本窯で焼くと焼飛んでしまいます。

ケミストップ できあがり

ケミストップ できあがり

ここまで済んだものは板に乗せて移動。

棚板運び

棚板運び

有田の伝統技法?の一つ!皿棚運び。
このブログでも何回もご紹介していますが町民運動会の種目の一つです。
みんな上手!

たれない醤油差 釉薬かけ

たれない醤油差 釉薬かけ

たれない醤油差の釉薬かけをしていました。
一気に釉薬をかけれるものもありますが、JAPANシリーズのように刷毛巻の製品は内側に釉薬をかけて、外は刷毛巻をします。

タレない醤油差 釉掛け

タレない醤油差 釉掛け

内側だけを釉薬をかける場合はこのようにポンプを使います。

垂れない醤油差 釉掛け

垂れない醤油差 釉掛け 均一になるように回します。

釉薬が均一になるように高速で回します。
くるくると回すことで釉薬が均一になります。

下は全部に釉薬がかけてあるものの下部分を拭いています。
多分これは独楽筋かな?

垂れない醤油差 釉薬拭き

垂れない醤油差 釉薬拭き

前面に釉薬がついていると本窯で焼くときに棚板にくっついてしまいます。
そのため高台部分の釉薬を拭いていきます。

タレない醤油差 高台剥ぎ

タレない醤油差 高台剥ぎ

このことを高台剥ぎ【こうだいはぎ】といいます。
下の黄色いスポンジ部分が汚れているのが分かりますか?それが釉薬です。

タレない醤油差 高台剥ぎ 最後

タレない醤油差 高台剥ぎ 最後

最後キレイに撮れているか確認して皿板へ。

本窯へ。

本窯へ 皿板運び

本窯へ 皿板運び

本窯担当のイケメンさんたちが皿板を運んでいます。
若手も一年で上手に運べるようになりました。

若手の皿板運び

若手の皿板運び


若手君。
陶器市の工場見学であえます(笑)是非エールを送ってあげてください。

窯積

窯積

本窯

本窯

本窯積

本窯積

窯積

窯積

本窯担当はイケメンさんが多いので見どころの一つです。

是非陶器市はアリタポーセリンラボの本社工場へお越しください。
工場見学だけでも大丈夫です。

絵付け用の筆。
いろんな筆があります。

イメージとしてはこれかな?

スタンダードシリーズのLINEだとこんな感じ。

筆を持ちかえて線を描きます。

弥左ヱ門シリーズから
日本独自に進化した筆、濃筆(だみふで)

大きな筆ですよね。
この筆にたっぷりと絵の具を吸わせて、それを表面張力で絵の具を流し込みます。
筆先は生地にはつけないんですって!

筆ペンみたいに筆を絞って絵の具を流します。
一気にたくさんの面積を塗ることができるので美しい塗り後が残ります。

これらの筆、どこで買っていると思います?
町内の材料屋さん?
ネット注文?

答えはこれ!

広島から筆を売りにいらっしゃるんです!

職人さんが群がります。
下絵の職人さん、本窯の職人さん、上絵の職人さん。
みなさんが使われる筆が違うのでたくさんの種類がありますね!

筆も手作業で作られているので1本1本違います。
それを職人さんが触って、あーでもないこーでもないと言いながら自分に合う筆を選びます。

選び終わるととってもダンディーなおじさまに伝票を書いてもらいます。
おじさまは最後、経理にその伝票を渡して終わり。

おじさまは広島県熊野からいらっしゃる妙勝会さん。
サイトも何もないので一般の方にはなじみがないと思いますが、有田ではなくてはならないお店です。

有田や伊万里などの窯元には妙勝会さんが車で回ってきて下さいます。
ありがたいですね。

もし、妙勝会さんの筆が欲しい方は
佐賀県陶磁器工業協同組合にも置いてありますので、そちらでどうぞ!

って言っても有田ですが・・・。

モダンな和食器(有田焼)通販サイト・ARITA PORCELAIN LAB 7,560円以上のお買い上げで送料無料

1616年に李参平をはじめとする朝鮮陶工によって始まった有田焼は2016年で400周年を迎えます。

ちょうど、陶器市期間中にまたまた美しすぎる銅版画家の小松美羽さんがおこしでした。

その時に製作されたのが狛犬。

この狛犬はイギリスで行われたチェルシーフラワーショーの石原和幸さんの作品とのコラボレーションでした。

いつものことですが、作品に向かわれている時の小松さんは鬼気迫るものがあり、普段のおっとりされたイメージとは全く違います。

その時に長野放送の方が取材にお見えになっていました。
ずっと小松さんを取材されていて、今回で有田に見えられるのは2回目の取材だったと思います。

その時に取材されたものが本日放送になります。

フジテレビ系列 みんなのテレビ 16:40から

10分間程度の番組だそうです。
ただ、残念なことに有田では放送がありません。

ガーデナーの石原和幸さんは長崎市のご出身。
もしかすると長崎放送では放送があるかもしれませんが、それも15:30にならないと分からないとのことでした。

放送をご覧になれる地域の方は、是非ご覧ください!

なんでかなぁ~と思ってしまいます。

これカッコ良くないですか???

正方皿 黒釉墨銀水玉
サイズ:20.5CM×20.5CM×h2.8CM 約500g 
原産地:有田(日本産)
材 質:磁器(有田焼)
ブランド:ARITA PORCELAIN LAB STANDERD
製 造:ARITA PORCELAIN LAB
食洗機使用可
鉛不使用

エナメルのような黒の四角のお皿。

私は大好きなんです。
でもなかなかお買い上げにつながっていない。

なんでかな~?
送料込みで3,000円はかなりお買い得なんですけどね。ほんと・・・。

と悩んでいたら答えが出ました!

きっと私がこの器の良さを伝えきっていないんですよね!
どうしたらこのカッコよさを伝えられるか・・・。

もしかして・・・。やっぱり・・・。そうだ・・・。

写真ですよね。

私が思うカッコよさがこの画面から伝わってこないのは。
私の写真技術のせい。

ということで経理にお願いして、買ってもらうことにしました!
撮影キッド!

すごい照明らしいんです。

なんでもカッコよくきれいに映るらしいんです。

せっかく職人さんが一生懸命作ってくれた器を私のつたない写真技術で伝えきれないのは申し訳ない・・・。(反省)

使用前、使用後の写真をアップしますので、是非、ご覧下さい。

もし、これで売り上げ急増したらしたで嬉しいけど、個人的には悲しいな・・・。

モダンな和食器(有田焼)通販サイト・ARITA PORCELAIN LAB 5,250円以上のお買い上げで送料無料

1616年に李参平をはじめとする朝鮮陶工によって始まった有田焼は2016年で400周年を迎えます。

日本の伝統を未来へ繋ぐ仕事です。

当窯は、創業1804年、初代松本弥左ヱ門が、肥前有田皿山の上幸平で開窯したのを機に、以来七代200年間、伝統ある古伊万里様式の技術を脈々と受け継いできた歴史のある窯元です。受け継ぐと共に、たゆまない革新に挑むことで伝統を繋いできました。
現在、伝統技術を活かしたモダンな有田焼「ARITA PORCELAIN LAB」を開発し、世界ブランドを目指して国内外に展開しております。

仕事の内容

職人(生地成形、下絵付、窯、上絵付)
有田焼の熟練技を受継ぐ、職人を募集します。やる気と、根気のある人募集。
未経験者OK。男女問いません。先輩職人がみっちり教えます。

スタッフ
「ARITA PORCELAIN LAB」の世界ブランド化を目指して、製造販売を国内外に進めています。
この仕事を一緒にやりませんか?
仕事内容は、企画、WEB販売、販促物作成、営業事務 です。

興味のある方はメール下さい。
info@aritaware.com


モダンな和食器(有田焼)通販サイト・ARITA PORCELAIN LAB
5,250円以上のお買い上げで送料無料
1616年に李参平をはじめとする朝鮮陶工によって始まった有田焼は2016年で400周年を迎えます。

工場見学可能なARITA PORCELAIN LAB。
ご連絡頂いていれば工場見学して頂けます(ただし、平日に限ります。)
1ヶ月ほど前からメールで工場見学をしたいとメキシコの女性からご連絡を頂いていました。

「英語ができる人間はいませんけど、いいですか?」

という事を、事前にご了承を受けて、昨日工場見学にいらっしゃいました。
とっても可愛らしいくて美人さんでしたよ。

彼女は今、京都の大学で伝統産業について学んでいるデザイナーさんです。
日本の伝統産業のデザインについての興味を持たれているそうです。
今は、九州各地の伝統産業の産地を巡っているそうです。

工場の案内と、ちょっとだけ有田の町を案内しました。
ただ、私のBroken Englishで通じたかどうかは分かりませんが、
それでも精一杯お伝えさせていただきました。

工場見学をご希望の方はお気軽にご連絡下さいね!
TEL0955-43-2221(有田製窯株式会社)
E-MAIL info@aritaware.com

あ、写真はないです・・・。英語での会話に集中し過ぎて、写真を撮り忘れてしまいました。

 
 
 

限定商品
有田焼ランプスタンド限定10本
木台、傘も日本製のランプスタンド。弥左ヱ門窯のやきものと組み合わせてランプスタンドを作りました。
組み立ても弥左ヱ門窯で行っています。こだわりの逸品。

本体価格50,000円を限定10本のみ荷造り送料込で30,000円(税抜き)でご提供!

ある晴れた昼下がり・・・・

今日は東京ドームの荷物の搬出日。
午後から荷物を積み込みました。

年明け前から準備してきた製品をトラックに積み込みました。

サンテナと呼ばれるケースに焼物を入れています。
重なりがいいので高く積み上げても問題ありません。

現場の職人さんにもお手伝い頂き、ARITA おPORCELAIN LABのスタッフはトラックへ次から次とサンテナを載せていきます。
トラックの運転手さんたちが上手に積み上げていきます。さすがプロ。

あっという間に積み込み完了!
製品だけではなく、棚やテーブル、照明等も積み込みます。

30分位で完了!
いい汗かきました(笑)

先に東京に旅立った焼物たち!
ちょっとだけドナドナな気分。

私もあとで追いかけるからね!待っててね!

モダンな和食器(有田焼)通販サイトARITA PORCELAIN LAB
5,250円以上のお買い上げで送料無料
ミニティッシュbox 弥左ヱ門

ミニティッシュBOX
送料消費税込
1,000円

1616年に李参平をはじめとする朝鮮陶工によって
始まった有田焼は2016年で400周年を迎えます。

今日の有田は雪です。

お正月からずっと暖かい日が続いていたのですが、昨日の夜くらいから急激に寒くなってきました。出勤時にはちらほらとしか降っていなかった雪が今は静かに舞っています。とはいえ、九州ですので昼間の雪で積もることはめったいに無いのですが・・・。ただ寒いです。


写真は本社工場の敷地内にあるガスの貯蔵施設の前です。
綿雪が降っているのがわかりますか?

ARITA PORCELAIN LABの工場は広いので全館空調を入れて快適な温度で・・・、というのは難しいのですが、職人さんの近くにはガスストーブが置いてあります。
Myストーブのような感じです。

下絵や赤絵など絵付けをする部署は区切られていますので比較的部屋全体が暖かいのですが、
形を作る「成形」や下絵付けの前に埃などを取り除くために行う「はわき」、釉薬かけや窯入れは作業する近くにストーブを置いて作業しています。

意外と一番寒いのは営業部。
冷え切った焼物が並ぶ在庫置き場の入口にあり、またお客様がいらっしゃって荷物の運び出しなどを行うため入口を開けることをが多く、全く温まりません!!しかも、窓側に山があり日が当らない・・・・。
ホント寒い・・・です。

こんな寒い日は昨日もご紹介した卵酒やグリューヴァインであったまりたいですね。
昨夜、自宅で卵酒、グリューヴァインを作ってみました。


日本酒100ccと砂糖大さじ1、卵黄1個でこのくらいの量になりました。
JAPAN CHERRY YAEのペストルタンブラー。JUSTサイズです!
卵酒ですが、卵の黄身だけを使うと卵がダマになりにくいのでとてもなめらかで美味しい卵酒になりますよ。

続いてグリューヴァイン。

JAPAN AUTUMNのゴールドは電子レンジも使えるので、直接赤ワインと大さじ1のストロベリージャム、粉のシナモンを一振りして混ぜ合わせてからレンジで2分間チンしました。
チンした後に荒く挽いた黒コショウをガリっと一振り、レモン汁もひと絞り。

十分に美味しい!
もう少し色んな香辛料があればよかったかもしれませんが、これでも十分な美味しさでした。

JAPAN AUTUMNのゴールド。
レンジも使えて手軽なのに、かなり自分にご褒美的な気分になれます。
秋冬の夜にピッタリです。

タイトルでは有田の雪~JAPAN SNOW~としていたのに、JAPAN SNOWは使っていませんでした!!

モダンな和食器(有田焼)通販サイト・ARITA PORCELAIN LAB
5,250円以上のお買い上げで送料無料

1616年に李参平をはじめとする朝鮮陶工によって始まった有田焼は2016年で400周年を迎えます。

伊勢丹新宿本店で1年の内で最も忙しい、年末の最後の1週間にとても良い場所での販売がきまりました。!!

JAPAN SNOW、JAPAN AUTUMNN、弥左ヱ門に加え、JAPAN CHERRYも販売開始ししてます。ぜひ、売場に足を運んで下さいね。

伊勢丹新宿店 5階 和食器 12月31日まで

皆さまのお越しをお待ちしております。

モダンな和食器(有田焼)通販サイト・ARITA PORCELAIN LAB
5,250円以上のお買い上げで送料無料

1616年に李参平をはじめとする朝鮮陶工によって始まった有田焼は2016年で400周年を迎えます。

About

ARITA PORCELAIN LAB

ARITA PORCELAIN LAB

ARITA PORCELAIN LAB

通販お問い合わせ先
TEL:0955-43-2221
MAIL:info@aritaware.com

店舗お問い合わせ先
TEL:0955-29-8079
FAX:0955-43-2580
営業時間:10:00~17:00
店休日:不定休

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Feed on RSS

メタ情報