» 有田町内のイベントのブログ記事

陶器市も前半が終わりました。

陶器市全般の情報はこちら→http://www.arita-toukiichi.or.jp/

たくさんのお客様にお越しいただき、スタッフ一同嬉しく思っています。

アリタポーセリンラボは4つの会場で皆様をお待ちしております。

旗艦店
地図はこちら

全部の製品を取り扱っています。

社長がいるのもここ!
着物の大男を見かけたらお声掛けくださいね!

18237880_1420579247965216_5330396812465035907_o

また、業務用のお問い合わせもこちらに!

松本家本宅店

弥左ヱ門シリーズをメインに置いています。
今年はなんと、復刻明治伊万里シリーズも!

地図はこちら

お食事処も併設していますので、是非お立ち寄りください。

アリタポーセリンラボ本町店

地図はこちら

JAPANシリーズの2級品がメインのお店。
コーディネートした福袋がお買い得です。
有田駅から徒歩2分という好立地です!

18300856_1297155977028490_683356951745528760_n

最後は本社工場

地図はこちら

ここにはサンプル品などの本当にお宝が・・・!

また毎年ご好評いただいている「じゅん」シリーズは今年はとってもかわいくウサギとトリさん。
お子様にいかが?

18198536_1294867410590680_7910844975741159090_n

お待ちしています!

陶器市まで1ヶ月を切りました。
今年も皆様をお迎えするために職人の皆さんも張り切っています!

そこでちょこちょこと陶器市の豆知識をお知らせしていきますね。

まずは陶器市の始まり、「陶磁器品評会」についてです。
調べてみると面白いことが分かりました。

「有田国際陶磁展」のはじまりは、日清戦争後の不況対策として、
当時の香蘭社社長九代深川栄左ヱ門や有田磁器合資会社社長田代呈一らの呼びかけで
明治29年、有田町の桂雲寺で行なわれた「陶磁器品評会」に遡ります。

 当時、日本は日清戦争後の不況に見舞われていましたが、
有田焼の名前に慢心し品質改良に取り組まない陶業者を憂い、
技術の競争と知識の増進のため「品評会」を開くことを呼びかけたのです。
この第1回の陶磁器品評会は、明治29年3月1日から5日まで開催され、出品人数141人、出品点数784点でした。
 
その後、年一回の行事として開催されていましたが、
突然の日露戦争(明治37年)の勃発で開催が不可能となりやむなく休止しました。
窯業関係者や町民の強い意思により、翌年には再開し、明治44年には会場を桂雲寺から有田物産陳列館に移しました。

有田物産陳列館

有田物産陳列館

この最後の文に注目!

明治44年には会場を桂雲寺から有田物産陳列館に移しました。

ハイ、ここです!

「有田物産陳列館」

これはアリタポーセリンラボの前身である「有田物産」の陳列館のことです!

なんだか嬉しくなりますね。

明治44年(1911年)から昭和44年(1969年)まで太平洋戦争から戦後2年間は開催されませんでしたが、
長い間、有田物産陳列館で展示されていたそうです。

古くからいる社員に話を聞いてみましたが、誰も知っているものはいませんでした。

有田陶磁展の歴史

有田陶器市にお越しの際はぜひ、有田国際陶磁展にもお立ち寄りください。
会場はアリタポーセリンラボ旗艦店の近くの有田商工会議所では産業の部が本町店の近くの九州陶磁文化館では美術・オブジェ部門がご覧になります。

有田のお盆は7月です。

明治期に日本が太陽暦(新暦)を採用した際に、お盆も7月の新暦にしようとなったそうです。

国内でも主に東京都が新暦のお盆らしいですね。
明治期の有田では東京にお取引先が多かったのかしら???と考えると面白いです。

佐賀県内でも有田を中心として伊万里の一部(有田と隣接する二里町)が7月盆です。

①新暦重視型 (東京など)
新暦に変更し、「7月15日」という以前のお盆の日取りはそのまま使った。
結果として、以前よりも早い時季にお盆を迎えることになった。

②旧暦重視型 (沖縄など)
新暦に変更せず、いままで通り「旧暦7月15日」をお盆とした。
だいたい8月末から9月初め。

③折衷型 (関西ほか各地)
新暦に変更はするが、もとのお盆の時季になるべく合わせるため、日取りを1ヶ月遅らせて(=月遅れ)、「8月15日」をお盆とした。

一番全国的に多い8月盆ですが、一番元のお盆からは意味合い的にはずれていますね(笑)

ということで、アリタポーセリンラボはお休みしています。
お問い合わせ、発送などは16日から随時してまいります。

あ、8月もお盆休みがあります・・・。
(有田以外の地区から仕事に来ている職人さんもいるため。)

私は生まれも育ちも有田の有田っ子なんで、お盆といったら7月!
お坊さんも昨日来て下さりました。

有田のお盆はお赤飯やあんこもち、おはぎ、呉どうふなどを毎食仏壇に上げます。
今朝も朝から上げてきました。

地域ごとに風習が違っていて、多分同じ有田町内でも仏壇に上げる物が違っていたりするようです。

ただ、呉どうふとおそうめん(甘いごまだれ)は絶対に食べますけどね!

今日は本当に寒いですね。
LABの工場にある水たまりが凍っていました。
現在10時半ちょっと前、にもかかわらず解けていません・・・。
めっちゃ寒いです。

冬の風物詩、サンタクロース!
今年もサンタさんがたくさん有田に来ています。

特に、LABの工場の近くにたくさん滞在中!
サンタさんがいるのは有田町 応法・黒牟田・外尾山・丸尾・広瀬山地区。
LABの工場はこの中の黒牟田という地区にあります。
ちょっとだけ坂を下るとサンタさんが!!

すごく、いい感じです。

この有田にサンタをお呼びするプロジェクトは「有田×サンタプロジェクト」と言います。

有田の有志がサンタさんを有田の煙突に呼ぼうと毎年がんばっています。

だんだんと広がってきて、今年の有田の写真コンテストには「有田×サンタ部門」も創設されたとか!
すごいですよね!

有田×サンタプロジェクトの写真コンテストも開催中!

有田に来て、サンタを写真に撮って、応募して、商品GET!です。
ついでにLABのお店にもよってくださったら嬉しいです。

コンセプトもかっこいい♪

焼物の街、煙突の街 有田にサンタを招こう。

Santaclaus comin’ to ARITA-town
Welcome! enjoy and fun for Santa&visitor
20.nov.~25.dec.2014

モダンな和食器(有田焼)通販サイト・ARITA PORCELAIN LAB 5,250円以上のお買い上げで送料無料

1616年に李参平をはじめとする朝鮮陶工によって始まった有田焼は2016年で400周年を迎えます。

今日は初代李参平の359回忌。

10時より菩提寺である、「龍泉寺」にて法要が行われています。

李参平は文禄慶長の役で、鍋島直茂に協力し、戦の後は一族みんなで日本に渡ってきたといわれています。
強制連行とはちょっと違うです。
なぜなら、李参平は佐賀に来てから武士の待遇を受けています。
また、かなり自由に過ごせていたようです。
初めは佐賀城下に住んでいたようですが、のちに多久長門守に預けられ、そこで築窯したそうです。
ただ、良い磁石がなかったため、磁器製造に適した石を探すために鍋島藩内を探しまわったとのこと。
そして見つかったのが有田泉山の磁石でした。

ただ、有田には当時、閉山したばかりの金山があったとか。
金が取れるところの近くで良質の磁石が取れると言う事を知っていた李参平一族は、大方の目安として有田の事は分かっていたのかもしれませんね。

また佐賀県内には唐津焼と言う有名な土物のやきものもあります。
これは佐賀県の唐津市周辺で焼かれている焼き物で、お茶の世界では
「一楽、二萩、三唐津」
と言われているように、有田とは違い、わびさびの世界の器です。

この唐津で焼き物を焼いていた陶工たちの一部がが現在ARITA PORCELAIN LABの本社工場の近辺で焼いていたも言われています。
また、有田にある唐船城は松浦党の居城の一つでした。彼らの本拠地は平戸。中国から平戸を経て陶工が移り住み、焼き物を焼いていた。有田は400年前は色んな系統の技術を持った陶工がいて、その噂は多久にいた李参平の耳にも届いていたのではないでしょうか?

李参平の戒名は「月窓浄心居士」
と言います。
窓から月を眺め、故郷を思う姿が人々にとって印象深いものだったのかもしれませんね。

そうそう、こんな説もあります。
たくさんの陶工が日本に渡ってきた中でなぜに李参平だけが名が残ったのか?
それは李参平が通訳的な役割を果たし、朝鮮陶工たちの代表として鍋島家をはじめとする日本人との窓口になったのではないか?だからこそ日本人が描いた文書には李参平の名前だけが残った。
と言うのも、李参平は幼い時に日本に来ています。幼かったからこそ、日本語と韓国語の両方を理解するようになったため、実際の朝鮮人陶工のリーダーの通訳をし、最終的に自らがリーダーになったと。

李参平の子孫と言われる金ヶ江家以外にも深海家、家永家など朝鮮陶工陶工を祖とする家が今でも有田には沢山あります。
そうした彼らの祖先は新天地を目指して、一族の繁栄を願って日本へ渡ってきたのではないでしょうか?

2016年、有田焼創業400年を迎えます。朝鮮人陶工が有田に来て本当に良かったと思える400周年を迎えたいですね。

龍泉寺の境内。玉砂利が綺麗に整えられていますね。

 

 

 

 

限定商品
有田焼ランプスタンド限定10本
木台、傘も日本製のランプスタンド。弥左ヱ門窯のやきものと組み合わせてランプスタンドを作りました。
組み立ても弥左ヱ門窯で行っています。こだわりの逸品。

本体価格50,000円を限定10本のみ荷造り送料込で30,000円(税抜き)でご提供!

有田では「有田雛のやきものまつり」が行われております。
3月23日まで行われているのですが、色々イベントが町内で行われていますよ。

十二単体験!

毎年大好評のお雛様体験。
今年もお雛様仕様の着物セットと衣冠束帯をご用意しております。
香蘭社の磁器製座りびな二段飾りの前でお雛様になって記念撮影をしてみませんか?
※カメラをご持参ください。
※着物の柄は写真と異なる場合があります。

【期間】2月8日(土)~3月23日(日)
【場所】赤絵町工房(香蘭社前)
【時間】10:00~16:00
【料金】着付のみ:500円、写真プリントアウトサービス付き:800円
【所要時間】10分程度
【問】有田観光協会 0955-43-2121

アリタマルシエ!チラシも可愛い!

私も大好きなこのイベント!
ARITA PORCELAIN LABのお店からも歩いてすぐの場所です。
有田を中心として色んな素敵なものが集まるんですよ。

日時:3/21(祝・金)、22(土)
会場:陶山神社

詳しくはこちらまで!→アリタマルシェ

モダンな和食器(有田焼)通販サイトARITA PORCELAIN LAB
5,250円以上のお買い上げで送料無料
ミニティッシュbox 弥左ヱ門

ミニティッシュBOX
送料消費税込
1,000円

1616年に李参平をはじめとする朝鮮陶工によって
始まった有田焼は2016年で400周年を迎えます。

ここ数日春の陽気です。
最高気温も15度以上。本当い過ごしやすいですね。

でもまだ1月。暦の上でも節分前なのに本当に春の陽気ですね。

有田のことを少しご紹介。
昨日、1月30日に有田ポーセリンパークで陶都有田青年会議所の新年例会がおこなわれました。
今年の新年例会は「100年後も有田が有田であり続けるために「今」取り組むべきこと」をテーマに有田商工会議所会頭深川祐次氏と佐賀県最高情報統括監森本登志男氏の対談を行いました。

最近、テレビや新聞など様々なメディアで「有田」というフレーズを聞くようになりました。これは地域のひとりひとりが自社や地域と向き合いご尽力されてきた賜物と感じおります。しかし、これが表面的な一過性のものであっては意味がなく、ここに住む私たちが本気になって地域・産業の根幹を考える日が来ていることは間違いありません。

約150年前、有田小学校を創立された初代校長 江越礼太先生はおっしゃいました。

「これからの時代は国際化社会だ。これからの有田の産業のためには、子供たちを国外に出しても負けない人財に育てなければならない!そのために読み・書き・そろばん、それに英語の学習が必要である!」と・・・
また
「100年後の有田は、100年後に考えればいい。これから先の100年の間、有田を守れる人財を育てましょう」

江越先生が話された100年後に生きる私たちは
何を見据えて生きていますか?
私たちの行動ひとつひとつが100年後の有田の礎になるのならば
「今」すべきことはいったいなんでしょうか?

地域経済を肌で感じていらっしゃるお二人から導かれる
ひとつの答えとは?

これは有田だけの問題ではありません。
武雄や伊万里・佐世保など周辺地域はもちろん
地域活性の根幹を考えるきっかけになります。

たくさんのみなさまが
多くの気付きを得られる機会になりますように。

これまでの文章にたくさんの「100年・100年後」が出てきたと思います。これはARITA PORCELAIN LABの社長松本が陶都有田青年会議所のメンバー時代に掲げた言葉「100年先も輝く有田」に由来します。

100年、有田焼と言う伝統産業でつなげるためのヒントがたくさん詰まった対談だったようです。

今回の対談の内容は有田町・山内町ではケーブルテレビで放映があるそうです。
ほかにもyoutubeなどで情報拡散があったらご紹介します。

モダンな和食器(有田焼)通販サイトARITA PORCELAIN LAB
5,250円以上のお買い上げで送料無料
ミニティッシュbox 弥左ヱ門

ミニティッシュBOX
送料消費税込
1,000円

1616年に李参平をはじめとする朝鮮陶工によって
始まった有田焼は2016年で400周年を迎えます。

昨日は午後から111回有田陶器市の会議に行ってきました。

会議といっても会議室・・・・ではなく、喫茶店の会議室で。

喫茶店に会議室?と思われるかもしれませんが、あるんですよ。有田には。
会議室というよりも個室ですね。そこに女性13名男性1名という今までにないような会でした。

会議・・・・ブレストを行う座談会でした。何と珈琲とケーキ付www

女性目線で、売り手、作り手、そしてお客様の立場としての意見をということで各組合の事務員さんや女性メンバー、役場の職員さんが集まり、色んな目線でのお話しが出来たと思います。

イベントとしては・・・
今、有田でホットなのが「サンタ」。
去年の陶器市でゲリラ的に行ったにもかかわらず注目を集めた「アートロード」
卸団地でたまに行われているフラッシュボム
テーブルウエアコンテスト!!出展社が展示?全国から応募を募る??

今年好評だったありたんスタンプラリー・・・来年も同じものする???
卸団地のスタンプラリーは商品券がもらえるらしい。

4kmの会場って長いよね。
バスはもう通らないの???
→以前は陶器市会場をバスが通っていました。しかし、2001年におこった明石花火大会歩道橋事故依頼、バスの運行は県警本部より許可が出ないということでした。そのため、4kmもある陶器市の通りは軽車両すら通る事が出来なくなり、バイク、自転車、ベロタクシー、牛車、人力車も通行ができません。
また、昨年まであった有田小学校と卸団地を結ぶシャトルバスはその間にある有田ダムにかかる橋の強度問題で通る事が出来なくなり、今年から運行されませんでした。その代わり、外回りのバスの本数を増やしたのですが、有田駅前のシャトルバス乗り場がとても混雑したということです。

焼物もだけれど、もう少し雑貨を扱っているところがあるといいな。
もっと歩いていて楽しくなるような事があれば・・・。
トイレ・休憩場所だけではく授乳室やwi-fiスポット、電源が使える場所の情報が欲しいようだ。

昨日の座談会の内容を書き出すとキリがないのですが、でもとてもワクワクするような111回目の有田陶器市になりそうです。

モダンな和食器(有田焼)通販サイト・ARITA PORCELAIN LAB
5,250円以上のお買い上げで送料無料

1616年に李参平をはじめとする朝鮮陶工によって始まった有田焼は2016年で400周年を迎えます。

今週の有田はちょっと違う?
有田町内のイベント情報です。

今週末の楽しそうなイベントをご紹介します!有田最大級のクリスマスツリーも登場するとか!有田最大級という規模感がいいですねwww
ARITA PORCELAIN LABにもお立ち寄りくださいね!


有田サンタプロジェクトでは 今年は「見るだけじゃないサンタプロジェクト」をテーマに、サンタ滞在期間中、少しでも多くの方に有田サンタを楽しんでもらおうと趣向を凝らした企画をご用意しています。
 暖めておりました企画がこちら!
ーーーーーー
『有田クリスマスマーケット』
12/21(土) 11:00〜20:00(予定)
場所:貝山製陶所、外尾山公民館
内容:■マーケット(オーナメント、雑貨、焼物、アート作品etc…)
■飲食(からあげ、お酒、ホットワイン、シュトーレンetc…)
■イベント(ドイツのお話、日本の読み聞かせ、少年少女合唱、カメラ教室・ワークショップetc…)

(サンタプロジェクトから)
ドイツでは定番のクリスマス・マーケットを参考に、
ドイツ・マイセン市と姉妹都市である有田で子どもから大人まで楽しめるイベントとして、
また、有田の新しい冬の風物詩「有田×サンタ」をただ見るだけではなく、
町民の皆さんが楽しめるものとし、子ども達が故郷・有田を素敵な場所だと感じてもらえるように
有田の若手の交流促進と今後の新たなつながりをつくり出す機会の創出を目的としています。
今後は毎年恒例のイベントとして定着させて行きたいと思ってます。

私もこのイベントが有田恒例イベントになればいいな!と思います。
ぜひお越しくださいね。
ARITA PORCELAIN LABの本社工場もこの日は稼働していますので、有田Xmasマーケットと一緒にARITA PORCELAIN LABの工場見学もどうぞ!
有田Xmasマーケット会場から本社工場までは車で3分ほどです。どうぞお越しくださいませ。

工場見学の際にはこちらまでご連絡下さいませ。
有田製窯株式会社 0955-43-2221

来年の2月8日からはじまる「第10回有田雛のやきものまつり」に合わせて行われる陶雛コンテストの作品募集が始まっています。

平成26年2月8日(土)~3月23日(日)に「第10回有田雛のやきものまつり」が開催されます。
期間中には、全国から陶磁器製のひな人形を集めた「第3回陶ひなコンテストin有田」も開催。
現在、そのコンテストの作品を募集中です。
陶芸の技を駆使した伝統的陶ひな人形、 また自由な発想で制作した21世紀の新しい陶ひな人形など 独創的な作品をお待ちしております。

募集要項・申し込み用紙はこちらからダウンロードしてご使用下さい。

写真:昨年第2回陶ひなコンテスト最優秀賞「彩色座り雛」(亀井桂子・作)

【募集締切】平成26年1月15日(水)
【問】有田観光協会 TEL:0955-43-2121

ARITA PORCELAIN LABのお客様には趣味で陶芸をされている方もいらっしゃるようです。ぜひ、ご応募されてみてはいかがでしょうか??

ARITA PORCELAIN LABにも弥左ヱ門にも毎年ご好評いただいているお雛様があります。
大人の雛人形。

宮澤奈々プロデュース 「おとなの雛人形」
販売価格 31,500 円
【サイズ】
お雛様:横9.5×高さ8.5×奥行き9cm
お内裏様:横11.5×高さ12×奥行き7cm
木箱入り(サイズ:横17.5×高さ13×奥行き24.5cm)
付属品:台板 
※磁器製のぼんぼり(ワイングラス)はついておりません。

当サイトでも人気の料理研究家 宮澤奈々先生監修による有田焼の雛人形。
磁器ならではの地の白に黒の釉薬が美しい、ほかではみられないモダンでカッコかわいい雛人形です。
シンプルなモノトーンの色合なので、飾り付けやアレンジでいろいろ楽しめます。

ぼんぼり付もあります。

宮澤奈々プロデュース「おとなの雛人形」ぼんぼりセット
販売価格 34,650 円
【サイズ】
お雛様:横9.5×高さ8.5×奥行き9cm
お内裏様:横11.5×高さ12×奥行き7cm
木箱入り(サイズ:横17.5×高さ13×奥行き24.5cm)
付属品:台板
ぼんぼり(陶器製ワイングラス)×2個
サイズ:直径6.5×高さ8cm
(木箱サイズ;横17.5×高さ13×奥行き24.5cm)

ぼんぼりとなる陶器製ワイングラスが2つ付いており、アイデア次第でぼんぼりをどのように表現するかも楽しめます。

JAPAN CHERRY お雛様

JAPAN CHERRY 雛人形
販売価格 31,500 円

日本の美しい桜をイメージした春に相応しいピンクとプラチナを基調とした、JAPAN CHERRY シリーズの雛人形。
独自の技術によって開発された「落ち着いた質感のプラチナ」と、試作を繰り返した「今までに無いピンク」の釉薬により一層華やかに彩られました。

絵柄は桜をモチーフにした古伊万里様式の伝統絵柄です。古くからある紋様の色を変える事で、今のライフスタイルに合うデザインになっています。
熟練の職人が一つ一つ手仕事で作る有田焼雛人形をぜひご堪能下さい。

弥左ヱ門の雛人形も可愛らしいです!

雛人形 春秋
販売価格 29,400 円
【サイズ】
お雛様:横9.5×高さ8.5×奥行き9cm
お内裏様:横11.5×高さ12×奥行き7cm
木箱入り(サイズ:横17.5×高さ13×奥行き24.5cm)
付属品:台板


雛人形 松竹梅
販売価格 36,750 円
【サイズ】
お雛様:横9.5×高さ8.5×奥行き9cm
お内裏様:横11.5×高さ12×奥行き7cm
木箱入り(サイズ:横17.5×高さ13×奥行き24.5cm)
付属品:台板


雛人形 四季
販売価格 34,650 円
【サイズ】
お雛様:横9.5×高さ8.5×奥行き9cm
お内裏様:横11.5×高さ12×奥行き7cm
木箱入り(サイズ:横17.5×高さ13×奥行き24.5cm)
付属品:台板

お手入れも簡単な有田焼のお雛様。
桐箱にも入っていますので収納もしやすいですよ。
来年の桃の節句までご自分のためにお気に入りのお雛様を飾られてはいかがですか?

モダンな和食器(有田焼)通販サイト・ARITA PORCELAIN LAB
5,250円以上のお買い上げで送料無料

1616年に李参平をはじめとする朝鮮陶工によって始まった有田焼は2016年で400周年を迎えます。

About

ARITA PORCELAIN LAB

ARITA PORCELAIN LAB

ARITA PORCELAIN LAB

通販お問い合わせ先
TEL:0955-43-2221
MAIL:info@aritaware.com

店舗お問い合わせ先
TEL:0955-29-8079
FAX:0955-43-2580
営業時間:10:00~17:00
店休日:不定休

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Feed on RSS

メタ情報