» 2014 » 10月のブログ記事

MIQ(三越伊勢丹・クオリティー)企画 MIQ ☓ 弥左ヱ門 伊勢丹新宿店

10月22日~ MIQ企画 弥左エ門 今年も販売開始!
電子レンジ、食洗機対応の古伊万里様式の器です。
古伊万里様式に現代的エッセンスを加え、再生した弥左ヱ門。
是非、伊勢丹新宿店にお越し下さい!

三越伊勢丹として、おすすめする価値がある商品として、素材のよさ、使い心地、トレンド、価格にこだわり、弥左ヱ門が新しく生まれ変わりました。               
本物とは何なのか、御客様におすすめすべき価値とは何なのか、時代を越えるために必要な物は何なのか、自問自答を繰り返し、古伊万里様式に現代的エッセンスを加え、再生した弥左ヱ門。是非お手にとってご覧いただけたら幸いです。

「伝統は革新の積み重ね」
創業1804年。弥左ヱ門は200年の歴史を誇る老舗窯です。
伝統ある古伊万里様式の技術を脈々と受け継いできた歴史のある窯元です。
受け継ぐと共に、たゆまない革新に挑むことで伝統を繋いできました。受け継いだ伝統に、現代的エッセンスを加え、古伊万里様式を再生する事で次の100年に継承します。

伊勢丹新宿店 5階 和食器売場でのみ販売

モダンな和食器(有田焼)通販サイト・ARITA PORCELAIN LAB 5,250円以上のお買い上げで送料無料

1616年に李参平をはじめとする朝鮮陶工によって始まった有田焼は2016年で400周年を迎えます。

阪急うめだ本店 「テーブルクリエーション ~20人のサロンマダムのおもてなしテーブル~」

昨日22日から、11月3日まで、9階祝祭広場にアリタポーセリンラボ出店しております。
昨日は初日ともあって、ものすごい人だかりでした!!
サロンマダムのテーブルコーディネートも素敵で楽しいイベントです。
関西地方の方は是非お立ち寄りくださね。

*10月29日14:00~ 七代目当主 松本哲☓丸山洋子さん のトークイベントがあります。 お見逃し無く!!

◎パート1:10月22日(水)~28日(火)
パート2:10月29日(水)~11月3日(月・祝)
◎9階 祝祭広場
※10月28日(火)・11月3日(月・祝)は午後6時終了

注目のサロンマダムに習う、集いの季節のおもてなし術

素敵な暮らし方教室を地元で主宰する“サロンマダム”が、女性たちの間で人気を呼んでいます。
丸山洋子さんなど、20人のサロンマダムたちが、祝祭広場を会場に、おもてなしのテーブルコーディネートを大披露。
パート1はクリスマス、パート2はお正月のテーブルがテーマ。
いいな!と思ったテーブル回りのグッズは併設した期間限定ショップでお求めいただけます。
料理教室やセミナーもお楽しみに。

モダンな和食器(有田焼)通販サイト・ARITA PORCELAIN LAB 5,250円以上のお買い上げで送料無料

1616年に李参平をはじめとする朝鮮陶工によって始まった有田焼は2016年で400周年を迎えます。

なんでかなぁ~と思ってしまいます。

これカッコ良くないですか???

正方皿 黒釉墨銀水玉
サイズ:20.5CM×20.5CM×h2.8CM 約500g 
原産地:有田(日本産)
材 質:磁器(有田焼)
ブランド:ARITA PORCELAIN LAB STANDERD
製 造:ARITA PORCELAIN LAB
食洗機使用可
鉛不使用

エナメルのような黒の四角のお皿。

私は大好きなんです。
でもなかなかお買い上げにつながっていない。

なんでかな~?
送料込みで3,000円はかなりお買い得なんですけどね。ほんと・・・。

と悩んでいたら答えが出ました!

きっと私がこの器の良さを伝えきっていないんですよね!
どうしたらこのカッコよさを伝えられるか・・・。

もしかして・・・。やっぱり・・・。そうだ・・・。

写真ですよね。

私が思うカッコよさがこの画面から伝わってこないのは。
私の写真技術のせい。

ということで経理にお願いして、買ってもらうことにしました!
撮影キッド!

すごい照明らしいんです。

なんでもカッコよくきれいに映るらしいんです。

せっかく職人さんが一生懸命作ってくれた器を私のつたない写真技術で伝えきれないのは申し訳ない・・・。(反省)

使用前、使用後の写真をアップしますので、是非、ご覧下さい。

もし、これで売り上げ急増したらしたで嬉しいけど、個人的には悲しいな・・・。

モダンな和食器(有田焼)通販サイト・ARITA PORCELAIN LAB 5,250円以上のお買い上げで送料無料

1616年に李参平をはじめとする朝鮮陶工によって始まった有田焼は2016年で400周年を迎えます。

HTB+9・・・?

HKTの仲間ではありませんwww

HTKはハウステンボスの略(Huis Ten Bosch)
+9はハウステンボスを取り囲む長崎県佐世保市・平戸市・西海市・松浦市・波佐見町、佐賀県の伊万里市・武雄市・嬉野市・有田町の9つの町を表します。

ハウステンボス近隣市町のガイドブックです。
このガイドブックの有田代表としてARITA PORCELAIN LABが掲載されました!!!

有田の紹介なんですけどね、APLのショップや職人さんが大きく載っています。
写真の職人さん、上絵付けの山領さんです。
結構いろんなメディアに載っています。たぶん、社長の松本よりも多いかも(笑)

『HTB+9』を持ってAPLのショップでお買いものされた方にはプレゼント企画もあります。
どうぞお立ち寄りくださいね。

ちなみに『HTB+9』は、こちらから見ることができます。

バナーは春号になっていますが、リンク先はちゃんと秋号になっていますよ。

冊子字体は大阪、東京のハウステンボスの支社、そしてハウステンボスでももらうことができるそうですよ。
是非、ゲットしてALPにも持ってきてくださいね!

ハウステンボスHP
ハウステンボス周遊観光協議会HP
ハウステンボス周遊観光協議会Facebook

モダンな和食器(有田焼)通販サイト・ARITA PORCELAIN LAB 5,250円以上のお買い上げで送料無料

1616年に李参平をはじめとする朝鮮陶工によって始まった有田焼は2016年で400周年を迎えます。

10月9日は、佐世保市くじら瀬埠頭にある「れおリオンドール」さんでワイン会を行いました。

ANNIKさん、れおリオンドールさん、とLABの共催。

ANNIKさんはモードなお洋服を海外に出向き、ご自分の目で納得されたものだけを置かれているお洋服屋さん。

れおリオンドールさんはフランスで10年も修行されたシェフのお店です。

そして、マダムもすごい。
日本女性で初めて「ワインの騎士」の称号を得られたソムリエーヌ江副真理子さん。
気軽にマダムって呼んでいたけど、本当にすごい方でした・・・・。

ちょっと暗い目の店内がとてもいい雰囲気。

和食器とフランス料理のコラボ。
それはANNIKさんからのご提案でした。

ANNIKさんは以前かられおリオンドールさんでANNIKさんのお客様のためにワイン会を開催していらっしゃいました。
田舎ではなかなか気取って出かけることも少なく、思いっきりオシャレして出かける場を作る!みんなでおしゃれして楽しみたい!という思いで始められたそうです。
そのワイン会にLABの器があればもっと素敵な会になるとおっしゃっていたんです。
それも3年も前から!!!

それがようやく実現したんですよね。

ANNIKさんはとても感度の高いお店です。
ヨーロッパをはじめ、今は主にニューヨークに買い付けに行かれ、そこで見てこられるものはやはり世界であり、日本の中にだけいるのでは分からない感覚を持ってらっしゃいます。
海外にいらっしゃるからこそ、気づかれる日本の素晴らしさ。
BITOWA」という会津塗を教えてくださったのもANNIKさんでした。

メゾンエオブジェに出展し、いろいろな課題を突き付けられてきました。
料理のことは正直私たちにはわかりません。
焼き物のことはもちろんわかります。そして和食器のことも・・・。
でも、洋食器というのはまるっきり未知の世界でした。

そんな中でのれおリオンドールさんとのこラボ。
どんな化学反応が生まれるか、やっぱり課題を出されるのか?
不安と期待がまじりあった、本当に複雑な思いを抱えてのこのワイン会でした。

ただ、初めの一品がが運ばれてきて、お客様のお顔も綻んでき、ワインも最先端のスパークリングをサーブされていく頃には私の不安は薄らぎました。
そして、二品目のJAPAN AUTUMN 平皿(大) ゴールドに盛られたサラダを見た瞬間、間違いない!って思えました。

今までいろんな写真家さんにこのゴールドの器を写真に納めてもらいました。
その多くはやはりお肉がメインで、とっても重い印象の写真でした。
それが、れおさんはメインではなく前菜で使われたんです。

これには皆さん、驚かれました。
和皿のいいところをれおさんは見抜かれ、前菜に使われたそうです。

和皿と洋皿の違いは盛りつける場所がフラットかどうか。

和皿は緩やかにカーブしています。
そして高台が高い。

この緩やかなカーブを利用して、真中にソースを集めることができるんだそうです。
今のフレンチはソースをまとめてすっきり見せることが主流なんだとか。
それがフラットなお皿だとソースが流れて広がってしまう。それはカッコ悪い。
でも和皿なら、中心にソースを集められるので不格好にならないとおっしゃいました。

まさに、目からうろこ。

和皿の欠点が、長所になる。
料理人ならではの視点ですよね。

そして何よりもワインの素晴らしさ。
かなりいいワインをマダムがセレクトしてくださっていました。
ワインリストはのちほどお知らせいたしますね!

お料理はこちら。
・amuse-bouche  
L:本日の一口のお楽しみ
W:スパークリングワイン 9.5 (イタリア)
A:JAPAN CHERRY 21cm和皿 プラチナ古伊万里草花紋

・entree
L:海老と帆立お野菜のジュリエンヌサラダコンポゼ仕立て 
A:JAPAN AUTUMN 平皿(大) ゴールド

・poisson
L:香黒鯛のポアレ クスクスとオリエンタルソース 
W:白ワイン LES HAUTS DE LA GAFFELLERE 2013 (フランス)
A:JAPAN SNOW 三方なぶり鉢 プラチナ

・viande
L:シャラン産鴨の低温ロースト ジャガ芋のグラタンドフュノワーズ 
W:赤ワイン CHATEAU DES LAURETS 2010 (フランス)
A:JAPAN SNOW 正方皿(特大) プラチナ

・dessert
L:抹茶のフィナンシエ 鹿島BIGFAMILY無農薬カボチャのブリュレ
A:スレート皿(小) 桜

お越しいただいた皆さん本当に楽しんでいただけたようです。

お客さんがお帰りになった後、玲於奈シェフと松本がなにやら話し込んでいました。
先月はフランスに行ってきたばかりの松本。10年間フランスにいた玲於奈シェフ。二人でいろんなことを話していたようです。

次回の開催についてもいろいろとアイデアが出てきたようですのでお楽しみにしていてくださいね。
お誘いをメルマガで行いますので、興味のある方は是非ご参加くださいね!

JR九州の冊子に掲載してもらいました。

この冊子は長崎・佐賀の電車で行ける素敵な場所をご紹介されています。

たとえば、長崎。
「さるく」で有名ですが、やはり1p目に掲載されていました。
そのほかにも歴史とひかりのまち長崎として軍艦島(端島炭鉱)や稲佐山展望台、グラバー園、長崎原爆資料館など誰でも知っているような有名どころ!

長崎が生んだスター(笑)、福山雅治さんが演じた坂本竜馬に関する場所もたくさんあります。
三菱重工業株式会社長崎造船所史料館(香川照之さんが演じた岩崎弥太郎が創設)
風頭公園(坂本龍馬像があります。)
グラバー園(坂本龍馬達が密会したと言われています。)
亀山社中記念館(龍馬が日本初の商社として結成。)
若宮神社(龍馬も参拝したと言われている。)

そのほかにもグルメ情報もいっぱい!
ちゃんぽんの元祖「四海楼」やトルコライス発祥の店「ツル茶ん」!

有田のお隣、佐世保も!
私のお勧めは・・・・載っていましたね!
佐世保バーガーの「Big Man」

佐賀県内も唐津や佐賀もありますが、意外なところで小城や多久もご紹介されていてびっくり!

有田はもちろん、載っています。
特急も止まるので便利なんですよ。
佐賀県内で特急が止まるところは少ないんですが(新鳥栖、鳥栖、佐賀、肥前山口、武雄温泉、有田のみ)そこの有田が入っていることが有田人のちょっとした優越感を持てるところ(ちっちゃ!)

ARITA PORCELAIN LABはアウトレットショップをメインにご紹介してもらっています。
そして、長崎・佐賀の旅の冊子をお持ちになってお買い上げくださった方にはプレゼントもあります!

是非、JR九州で有田にお越しくださいませ!
e-bookもあるようです!

お知らせが遅くなっても申し訳ないのですが、大阪の土田彩華先生のコーディネートをお知らせいたします。

土田先生は特定非営利活動法人食空間コーディネート協会近畿支部の支部長さん。
いつも梅田阪急での展示の際はお世話になっています。

このコーディネートは9月の初旬に行われたので、お月見のコーディネートでした。

すすきの影とか素敵ですよね。

こちらで使われている製品はこちら

JAPAN AUTUMN コンポート ゴールド
JAPAN AUTUMN ワイングラス あやめ梅散し
JAPAN SNOW   銘々皿 古伊万里草花紋
JAPAN SNOW   ペストルタンブラー プラチナ
JAPAN SNOW   盛鉢 プラチナ
すすり茶碗 白磁 つまみ金 

素晴らしいお知らせです。

ARITA PORCELAIN LABの器を撮影された作品が入賞されました!

NAGASAKI YUKARIさんの作品です。
↓ ↓ ↓
http://www.festivals-h2oprojects.com/festival-de-la-culture-japonaise-tradition-et-modernit%C3%A9-1/tradition/yukari-nagasaki/


10月25日から、パリで行われるフェステイバル”festival de la culture traditionnelle du soleil levant”で写真が展示、販売されるそうです!

本当に素敵に撮影いただきありがとうございます。とっても嬉しいです!

先月、メゾンエオブジェに出展してから少しづつですが、いろんなことが動き出している感じがします。
まだ、感じだけですが・・・
何かが変わっていく予感。

写真はすべてNAGASAKI YUKARIさん


モダンな和食器(有田焼)通販サイト・ARITA PORCELAIN LAB
5,250円以上のお買い上げで送料無料
1616年に李参平をはじめとする朝鮮陶工によって始まった有田焼は2016年で400周年を迎えます。

日本の伝統を未来へ繋ぐ仕事です。

当窯は、創業1804年、初代松本弥左ヱ門が、肥前有田皿山の上幸平で開窯したのを機に、以来七代200年間、伝統ある古伊万里様式の技術を脈々と受け継いできた歴史のある窯元です。受け継ぐと共に、たゆまない革新に挑むことで伝統を繋いできました。
現在、伝統技術を活かしたモダンな有田焼「ARITA PORCELAIN LAB」を開発し、世界ブランドを目指して国内外に展開しております。

仕事の内容

職人(生地成形、下絵付、窯、上絵付)
有田焼の熟練技を受継ぐ、職人を募集します。やる気と、根気のある人募集。
未経験者OK。男女問いません。先輩職人がみっちり教えます。

スタッフ
「ARITA PORCELAIN LAB」の世界ブランド化を目指して、製造販売を国内外に進めています。
この仕事を一緒にやりませんか?
仕事内容は、企画、WEB販売、販促物作成、営業事務 です。

興味のある方はメール下さい。
info@aritaware.com


モダンな和食器(有田焼)通販サイト・ARITA PORCELAIN LAB
5,250円以上のお買い上げで送料無料
1616年に李参平をはじめとする朝鮮陶工によって始まった有田焼は2016年で400周年を迎えます。

有田に戻ってきました!
とはいえ、ワイン祭りパレードについてはご紹介していなかったので、引き続きマイセン便りです。

マイセンでの最大のイベント、それがパレード参加!

約4kmをパレードして回ります。
有田からの訪問団はもちろん、「皿山節」
ちろりん浴衣を着てみんなで踊ります。

ちなみにちろりん浴衣。

ほぼ有田の女性は持っているこの浴衣。
おくんちでのユニフォームなので、たいがいの方が持っているようです。

ワイン祭りはノイエシュタッド(新市街)のある駅の奥から出発します。
出発地点は旧東ドイツの建物が多く、日本の団地みたいなおうちがたくさんあります。

ここから4キロ歩きます(踊ります。)

パレードはマイセン市長をはじめ、マイセン市と姉妹都市の市長などが先頭を切ります。

花車も作ってもらいました。
マイセンの友好協会の皆さんありがとうございます!

日本では道踊りをする人たちに力水と言ってお酒などをふるまいますが、マイセンでは逆!
パレードする人たちがお菓子やワインを沿道の人たちに配ります。

私たちも有田のお酒「宮の松」を配りながら踊っていきます。
踊りはかなりの駆け足。
皿山節にはバックする振付もありますが、バックなんかしません。常に前進(笑)

一番、見物客が多いのがノイエシュタッド(新市街)とアルトシュタッド(旧市街)を結ぶ橋。
ロケーションも最高なので私たちも写真を撮ります。
有田の職員さんから写真を貰ったらこちらでもご紹介します!
みんな映っているのでこの写真がない(笑)

パレード終了後、パレードの参加されていたほかの方々をご紹介しますね!

今年のワインの女王。


バッカス。

次回は400周年か5年後の40周年かな?


モダンな和食器(有田焼)通販サイト・ARITA PORCELAIN LAB
5,250円以上のお買い上げで送料無料
1616年に李参平をはじめとする朝鮮陶工によって始まった有田焼は2016年で400周年を迎えます。

About

ARITA PORCELAIN LAB

ARITA PORCELAIN LAB

ARITA PORCELAIN LAB

通販お問い合わせ先
TEL:0955-43-2221
MAIL:info@aritaware.com

店舗お問い合わせ先
TEL:0955-29-8079
FAX:0955-43-2580
営業時間:10:00~17:00
店休日:不定休

カレンダー

2014年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Feed on RSS

メタ情報