» 2015 » 6月のブログ記事

福岡の皆様、お待たせいたしました。
ようやく天神岩田屋でも展示販売を行えるようになりました。

<アリタポーセリンラボ>ジャパンブルーのうつわ
7月1日(水)~14日(火)
日本ならではの格調ある美しさが演出する<アリタポーセリンラボ>ジャパンブルーシリーズのうつわ。
中でも人気の高い文様のアイテムをセレクトしてご紹介します。

●冷酒クーラー 25,920円 (青海波龍文)
●蕎麦徳利 3,780円 (青海波龍文)
●蕎麦猪口 各2,700円 (蛸唐草 他計3種)
●薬味皿 各1,620円 (蛸唐草 他計3種)

会場:岩田屋本店 新館6階=和食器
期間:7月1日~7月14日

モダンな和食器(有田焼)通販サイト・ARITA PORCELAIN LAB 7,560円以上のお買い上げで送料無料

1616年に李参平をはじめとする朝鮮陶工によって始まった有田焼は2016年で400周年を迎えます。

今年も7月1日より京王プラザホテルにて始まります。
「第35回 有田・伊万里やきもの夏祭り」

今年の企画もすごく素敵です。

幕末から明治時代に、ヨーロッパ各地で開催された万国博覧会に展示された有田焼。
精巧かつ華麗な作風が賞賛され欧米各国の人々に鮮烈な感動を与えました。
そして、当時のヨーロッパにジャポニズムの潮流を生じさせ、今日のJAPANブランドの先駆けとなりました。
明治の文明開化とともに新しい風が吹き、その風を追い風にして世界へ開花した有田焼。
日本の伝統工芸文化のすばらしさ、そして日本人の美に対する感性をどうぞ存分にご堪能ください。

アリタポーセリンラボもこのコーナーに出品します。

明治伊万里復刻プロジェクトで作成していた作品を展示します。
めったにお目にかけることができない作品ですので、この機会にぜひご覧ください。


明治初頭の万博出展がきっかけとなり、ヨーロッパで広まった
ジャポニズムの源「有田焼」にまつわるトークと、
総料理長 市川 博史によるその日限りの特別メニューをお楽しみください。
日時:7月22日(水) 【要予約】
    トーク/12:15p.m.~ お食事/1:30p.m.~
会場:43階/宴会場<ムーンライト>
料金:1名様 10,000円 (トーク、料理、サービス料・税金込)
トーク:鈴田 由紀夫(佐賀県立九州陶磁文化館館長)
     森谷 美保(実践女子大学非常勤講師)
特別イベントに関するお問合せ・ご予約 : (03)3344-0251(代表)[宴会予約直通]
【特別イベント】 トーク&ランチ
 「明治時代 有田焼が生んだジャポニズム」

島谷ひとみさん 吉元由美さんによる 有田焼絵付け作品のチャリティオークション2階/メインバー<ブリアン>前
【展示・販売】 ※チャリティーオークションの収益は、すべて東日本大震災義捐金として寄付いたします。

明治有田 和魂洋才の美  3階/メインロビー
ロビーの中央に、万国博覧会を疑似体験できる展示ブースが登場!
有田焼の輝かしい時代『明治』をテーマに、日本人の精巧な技術に西洋人が好む大胆なセンスが融合した作品をはじめ現代の実力派窯元の作品まで、貴重な作品の数々がホテルのロビーに登場します。
佐賀県立九州陶磁文化館のカップ&ソーサーや大皿、佐賀県庁所蔵の大花瓶など、日本が誇る『有田の世界』をぜひご堪能ください。

実力派窯元による作品展~有田焼の空間美にひたる~  3階/アートロビー



明治有田復刻コーナー  3階/アートロビー

【展示・販売】8月2日(日)まで   10:00~18:00 ※最終日は16:00まで
明治期の文明開化と共に有田・伊万里にも西洋のスタイルや模様などの新しい風が吹き、職人たちが技を競って華麗な器を作り上げました。宮内庁御用達の「香蘭社」と「深川製磁」、有田にて創業200年の伝統を誇る「弥左ヱ門窯」が、当時の図柄を基に復刻した美しい品々をアートロビーにてご紹介します。
展示に関するお問合せ: (03)5322-8061[ロビーギャラリー直通]

レストランではLABの器を使って頂いています。
和食<かがり>
ランチ「有田御膳」
4,200円*サービス料・税金込(本体価格3,536円)
小 鉢 一、水晶冬瓜 小海老
     二、もろこし豆腐 クコの実
お造り 産直地魚ほか、二種盛り
焼 物 鱸の蓼葉焼き 付け合わせ
揚 物 ギョロッケ ~忍びソース~ 添え野菜
煮 物 肥前さくらポークの山椒煮
酢 物 順菜と金糸瓜 海ぶどう
食 事 佐賀海苔と烏賊の合い飯 香の物
御 椀 枝豆しんじょ 梅素麺 茗荷 
デザート ほうじ茶アイス 冷やし黒糖ぜんざい

コリアンダイニング<五穀亭>
ランチ「冷しゃぶサラダ麺とキンパ定食」
2,500円*サービス料・税金込(本体価格2,105円)
三元豚バラの冷しゃぶサラダ
サラダチョル麺
五穀亭特製つゆサラスープ
韓国のり巻き(キンパ)

3階/アートラウンジ<デュエット>
「明治有田で味わう嬉野紅茶とケーキのセット」
1,650円*サービス料・税金込(本体価格1,390円)

どうぞ、お楽しみくださいませ。

モダンな和食器(有田焼)通販サイト・ARITA PORCELAIN LAB 7,560円以上のお買い上げで送料無料

1616年に李参平をはじめとする朝鮮陶工によって始まった有田焼は2016年で400周年を迎えます。

みんな大好きマヨネーズ。

好きですよね?

私もオイルがわりにマヨネーズでお野菜を炒めたりします。
いろんな使い方ができる魔法のソース、マヨネーズ。
日本のマヨネーズって本当においしいので、海外在住の方へのお土産はマヨネーズが心から喜ばれます!

さてさて。

今、「マヨ1グランプリ」が行われています。
全国の料理研究家の方々のマヨネーズを使ったレシピが公開されています。
そこでお気に入りのレシピに投票するとお取り寄せ食材がプレゼントになるんだとか!

このマヨ1グランプリにいつもお世話になっている城島あき子先生が出場されています!
城島先生といえば、コニック フラワーでも素敵なレシピをご提供頂いた先生。

美味しくって、体にも優しいレシピをご提供して下さっています。

今回のマヨ1の城島先生のレシピ。
佐賀の人は特に好きなんじゃないでしょうか?
よかったら城島先生のレシピに投票をお願いしますね!

6月26日まで投票できます!

モダンな和食器(有田焼)通販サイト・ARITA PORCELAIN LAB 7,560円以上のお買い上げで送料無料

1616年に李参平をはじめとする朝鮮陶工によって始まった有田焼は2016年で400周年を迎えます。

有田焼の原料はどこからきているかご存知ですか?
今回は有田焼の主原料である陶石をご紹介しますね。

400年ほど前に朝鮮陶工の李参平が有田で陶石を見つけたんだよね?
だったら今でも有田町内で調達できる?


有田町内にある泉山磁石場

海外から?
時期で有名な景徳鎮やチェコ、ニュージーランドにもカオリン土などの陶石の成分産地はあります。
マイセンとかヘレンドはチェコやドイツのカオリン土と長石などを混ぜ合わせて自社に最適な粘土を作っています。

有田の場合は陶石は熊本県天草市から来ています。

150年ほど前までは天草陶石と泉山陶石を混ぜたものを使ったりしているところもありましたが、
保守的な人たちからは泉山の磁石を使っていないものは有田焼とは認めないという意見もありました。
しかし、明治35年(1902年)から品評会(九州山口陶磁展の前身)でも泉山陶石以外の陶石で作られたものでも
出品可能になったそうです。

現在はカオリンを多く含む天草陶石が使用されています。
天草陶石は粘りがあり、また鉄分やチタンの含有量が少ないためとても白く焼き上がるそうです。
(一部作家さんなどが今でも泉山陶石を使っていらっしゃいます。)

そんなこともあり、私は一度どうしても、天草の磁石場を見てみたかった。
私たちが使っている陶石はどんなところで採掘されているのかを見たかったんです。
たまたま、他の窯元の方が天草の磁石場を見学に行かれるというので、私も同行させていただきました。

有田から天草までは船で行きます。
鹿島市を通り、あの有名な「ギロチン」と言われる有明海潮受け堤防の上にある道路を取って長崎県の島原に行きました。
島原から天草までフェリーが出てるんですよ。

フェリーから撮った海。これしか写真撮っていないというのが何ともかんとも(笑)

天草に渡ってからはとってもいい景色です。

天草にある陶石やさんで一番有名なのが「上田陶石合資会社」
上田陶石合資会社さんは焼き物も焼いてらっしゃいます。
さすがに陶石やさんの焼物、とっても地肌がきれいでした。

そして上田家史料館が敷地内にありました。

天草の陶石は1662年に平戸藩窯の今村弥次兵衛が初めてつかったと言われています。
それまでは包丁を研ぐ「砥石」として使われていたそうです。
今でもホームセンターなどで砥石のコーナーに行くと天草砥石が販売されていますよ。


この文様は高浜焼の代表的なものだそうです。
海松紋【みるもん】
さすがに海の近くだけあって海藻の文様ですね。モダンな感じもして可愛いですね。

説明文を読んでいると面白いことが書かれていました。
「高浜焼が売れず、有田焼ばかり売れている。有田焼の原料は天草陶石だから有田には陶石を売らないようにしよう」
というような記録も残っているそうです。

とは言え、高浜焼の品質向上のため平戸藩三川内や長崎の亀山から職人を呼んだり苦労されたようです。
それも何より天草の人々のため。
天草の人々の職を作り出すために庄屋でもあった第7代上田源太夫宜珍が私財をなげうってでも産業を興したんだそうです。

しかし、高浜焼は12代が閉窯し、陶石の採掘販売に専業していた時期もあったようです。

有田以外の焼物産地の歴史を知る機会はあまりないのでとても衝撃を受けました。
それとともに有田焼の影響力の高さにも驚き、いまの有田の現状と重ね合わせ
「人々に憧れられる有田焼なのか?高い技術は保持できているのか?」
と振り返った次第です。

ARITA PORCELAIN LABの粘土もたどっていけば、この上田陶石から来ているようです。

というわけで、採掘現場に行こうとしたのですが・・・。

有田の人は磁石場はすぐ身近にあります。
町中にあって、磁石場のすぐそばまで家が建っていたり、陶器市の通りもすぐそばです。
なので、天草の磁石場も甘く見ていました。
すぐにつけるのだろうと。

田んぼを抜け、山に入りました。
細い道を通り、ようやくあったのが、磁石の選別場。
この奥に磁石場があるに違いない!
その前に古窯跡も見ておこう!

奥には登り窯跡がありました。

5連くらい繋がっていました。
足場が悪くて写真撮るのが精いっぱいで数えていませんでした(汗)

こんな山の中で焼いていたんだと思うと、運搬とか大変だっただろうなと。
単純にそう思いました。

さぁ、登り窯も見たし、磁石場へGO!

途中から道の舗装がなくなり、でこぼこ道。
でもトラックが通ったような跡はあります。
トラックが通っているのであれば、間違いない!
そう信じて30分。
着きました!

ハイ!
山が削られて、茶色い地肌が見えています。
まるでショッカーが出てきそうです。

あまりのショックに写真も撮り忘れていましたが、どうもここ、磁石場じゃないようです。
陶石ではない他の土の採掘現場のようでした。

フェリーの時間もあったので、改めて磁石場を探すこともできずに、先ほど通った選別場に寄りました。
ここでも衝撃の事実が!


おばあちゃんが石を手作業で選別しているんです!

天草は有田と違って陶石が帯状に堆積しているそうです。
地層をイメージして下さい。バームクーヘンのように地層が折り重なっているそうです。
有田の場合は山一つが陶石。

今は昔のように陶石の塊(岩)での採掘がなくなっているそうです。

昔は捨てていたような小さな石を選別して陶土にしているとのこと。
その選別をおばあちゃんがしていました。

なんだか、涙が出てきました。
私たちは粘土になったものしか見たことがなかったのですが、その原料は手作業で選別しているのかと。
本当にここは日本で、2015年なのかと!

有田焼の現場を見学して頂いた方は
「こんなに手作業とは思わなかった。」
とおっしゃいます。

私も同じ気持ちでした。
「陶石を選別するのにまさか手作業だったとは。」

天草陶石はとりやすいところの多くは採掘が終わっているそうです。
今後は山の木を切り、堆積している土を取り除いた後、よりよい陶石を採掘しなければならないそうです。
採掘するまでに山を切り開くためにかかる費用は・・・・
とてつもない金額がかかるとのこと。
すぐにはできないそうです。

もうすぐ、陶石の値段が上がります。
選別場を見ればそれも仕方ないのかな~と思う反面、なかなか製品に転嫁できないこともあります。

工場内手工業である有田焼。
原料も手作業での選別。
有田焼を手に取られた方々は大切に使って下さいね。

「割れないと新しいものが売れない」
と冗談のように言いますが、作り手からすると割れるのは哀しいです。
大切に使って頂いてこそ、愛着も湧きます。
割れたら困るからなおしておく、飾っておくではなく、大切に使っていただくことが一番嬉しいことです。

これからもARITA PORCELAIN LABをよろしくお願いしますね。

About

ARITA PORCELAIN LAB

ARITA PORCELAIN LAB

ARITA PORCELAIN LAB

通販お問い合わせ先
TEL:0955-43-2221
MAIL:info@aritaware.com

店舗お問い合わせ先
TEL:0955-29-8079
FAX:0955-43-2580
営業時間:10:00~17:00
店休日:不定休

カレンダー

2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Feed on RSS

メタ情報